読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりから始めた恋

「すき」に囲まれる生活

アイドルの「恋愛」「結婚」

ジャニーズ

 

今年はジャニーズ事務所で沢山の問題があった。解散、充電期間、熱愛、結婚。明らかに世間を騒がせた話題ばかりだった。

 

現在、とある若手グループの報道が話題になっている。彼に至っては前回撮られてから数ヶ月で新たな女性問題が浮かび上がっているのだ。

今年はそういったスキャンダルが後を絶たなかったように思える。表上ブログに書いてはいないが、私の自担も今年報道された。元々性格も口も悪い私はそのことについてボロクソ貶した。いや、実を言うと現在進行形である。今でも色々と思うこともあり、今回はジャニヲタとして避けては通れない道「アイドルの恋愛・結婚」について話したい。あくまでも一個人としての意見ということを踏まえて読んでほしい。

 

 

まず「アイドルの恋愛」について私は賛成派でも反対派でもない。強いて言えばどうでもいい問題だ。彼らだって私たちと同じ人間であることは前提として、ジャニーズ事務所に就職してアイドルという職業についている普通の男性である。恋することもあるし、お付き合いだってある。ジャニーズなのだからモテるに違いない。

それにジャニーズ事務所はAKBのように恋愛禁止ではないため、タレントが何しようが別に構わない。プライベートは好きにしてほしい。ただ週刊誌に撮られるとどうか。

上から目線のような言い方になるがアイドルはスタッフさんやその周りの方々、何よりファンの存在があってこそ成り立つ職業だ。沢山の人に支えられて、沢山の人に応援されて初めて「アイドル」という自覚が出る。言ってしまえば味方を多くつけなければ生きていけない世界だ。その中でもアイドルはファンに夢を売る仕事であり、心の拠り所。昔は「アイドルはトイレにいかない」と言われていたほど特別な存在なのである。そのアイドルが女性と交際している、ましてやげすい内容のものだったらファンは幻滅して当たり前だ。プライベートは自由にしてほしいがそれなら隠し通してくれ。見えないところでやってくれ。いきなり現実ぶち込まれても気持ちが追いついていかない。

 

今年の七夕の日。思い出したくもないけど自担が週刊誌に撮られた。お相手は私のすぐ近くに居た人。ローカル時代から毎日見ていた人。とってもとっても身近にいた人。だからびっくりした。友人が自分の好きな芸能人の彼女だったって感じ。

最初はまたいつもの夏の風物詩だろうとスルーしていたが、次から次へと出てくる匂わせブログたち。あ、これガチのやつじゃんって思ったら一気に血の気引いて。CDやらグッズやら頻繁に写り込ませたりさり気なくアピール。震災の時に被災者のことを考えず食べ物の写真載せるわ復興支援である宮城ライブに観光感覚で来るわ。言い出したらキリがないんだけど、こんなに常識の無い世間知らずの人が相手だと思ったらもう殺意がわいてくるほど嫌になって。ハワイも宮城も何もかも、大切な思い出が全部あの女のせいで崩れていった。

気づけば自担の嫌な部分しか見えなくなっていて。彼女部屋はあって当然だと思う。他のメンバーもあるしね。ただちゃんと管理せずに野放しにしていたのはよくなかった。ブログのこと知っていたのかわかんないけど。結婚する気があったのなら隠し通してほしかった。危機感持ってほしかった。宮城でさっちゃんが謝罪してるとき何見てたのかな?さっちゃん報道の時もそうだったけど最近は匂わせが主流なんですかね。

私は怒りに狂って、呆れて、段々感情が無くなっていった。フィルターが外れるとこんなにも汚れて見えるのかと。彼は何度かスキャンダルが出てるけど私はそれなりに耐えてきた。ちゃんと謝ってくれたから。アイドルという仕事に向き合ってくれたから。けどもう分からなくなった。今まで結婚にはデメリットしかないとか言ってくせに付き合うなら結婚するとか。知らぬが仏とか。あの頃の俺はもういないとか。何かしら言ってくれるだろうと思ったが彼からは一切コメントが無かった。全てを裏切られた瞬間だった。

この日以来私は彼に感情を持たなくなった。私の9年間の想いはズタズタに引き裂かれた。

相手は今も嵐のニュースを読み続けるし、ブログで匂わせてる。彼は何も無かったかのように振る舞う。これが消しゴムで消されたという事なんだろう。さっちゃんも自担も、皆しっかりしてほしい。自分の立場を弁えてほしい。

それに未だに冠番組見れてない。DVDもアルバムも未開封のまま。いつまで引きずってるんだって話なんだけどね。

今回のツアーに入って気持ちが揺らいだのは確かだ。キラキラ煌めく彼を見て、好きだなあと思った。けどやっぱりあの女の存在がちらついてしまう。関連付けてしまう。彼は目の前にいるのに、違う人のようで。今までのようにはもう見れないんだ。

 

 

そして「結婚」について。先日、V6長野さんが結婚した。ファンクラブ会員には日付指定で結婚報告書が送られてきた。長野担の方はすんなり受け入れられただろうか。私だったら無理だ。絶対無理。

その日のベストアーティストでは30代以降のジャニーズメンバーがサプライズでお祝いをし、胴上げもした。正直私は何これ、と思ってしまった。申し訳ない。「長野くんの幸せが僕たちの幸せです」はい?ファンの存在は?ファンの気持ちはどうなるの?事務所が幸せならファンは黙って見守ってろと?それにアイドル事務所があんなに結婚に前向きじゃこれから先どんどん結婚するタレントが増える。そんなに緩くて良いの?

 

言いたくないが近年の事務所はどうもおかしい。タレントもそうだ。グループの方向性がわからない。まとまっていない。みんなバラバラだ。

 

本当は長文で語るつもりだったがあの日の事を思い出したら書く気が失せてしまった。

 

 

 

私はこれから先も、この事務所についていけるだろうか。