僕らの999

ゆるっとまるっと

嵐@札幌ドーム ~北海道3泊4日の旅~

  

「ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?」札幌ドーム行ってきました~~!!!私はプレ販売と11日・12日の2公演にお邪魔させて頂きました。笑いあり、涙あり、時にはハプニングあり?の北海道3泊4日の旅備忘録を書き残しておきたいと思います。また、これより下はネタバレ含みますのでお読みになる方は自己責任でお願い致します。

 

 

11月10日(木)晴天

空港にはちらほらと嵐ファンの方が。前日まで地元、札幌共に強風雪が凄かったので飛行機がちゃんと飛ぶのかかなり不安でしたが、無事JAL11:55発の便にて北海道に向けて離陸。同じ頃嵐も飛行機で向かっているとの情報。やべえ。私今嵐と空飛んでる。同じ飛行機ではなくてもそう思ったら興奮が抑えきれなかった(死)前に座ってた小さな女の子が可愛いピンクのバッグを持って「嵐もう着いたかなあー?」って楽しそうに話してるもんだからおばさん微笑ましくなっちゃったよ。雲の上から見た景色はとっても綺麗でした~!

 

f:id:chaiy:20161115212647j:image

 

 

12:50新千歳空港着。お昼を食べてロッカーに荷物を入れ早速札幌ドームへ。とにかく長蛇列だった。なんだこの人。プレ販売ってこんなに混むっけ…。それにこの日は凍える寒さだった。私自身凄い冷え性だから余計そう感じたのかもしれないけど手袋してもホッカイロ持ってても全然温かくならない。マスクしたらちょっとは良いかなって思ったんだけど全然良くねえ。口の周りがひたすら水蒸気。寒さの中、感覚の無い手足に耐え待つこと約3時間、やっとグッズ買い終わりました。今回ブランケットとかタオル系全然ないもんね。今更会報フォルダとかいいからブランケットプリーズ……。

札幌駅に戻りご飯を食べ、タクシーでホテルへ。さあ、ついに明日は嵐に会える日。素敵な2日間の幕開けです。明日の準備をしておやすみなさい♡

 

 

11月11日(金)晴天

♪待ち焦がれてたこの日が来たよアラームの前目覚めるモ~ニング~~~(Redy Go/Hey!Say!JUMP)(ちなみにライブ前に聞くのがおすすめ)時間までちょこっと札幌観光してきました。さっぽろテレビ塔がホテルから近かったので散歩ついでに行ったんだけどエレベーターで男アラシックの方と一緒だった(笑)でもその人ちゃんと今回のTシャツ+パーカーにトート持ってたから今日入る人なのかなと思ったり。私が予想するにきっと彼は大野担です。なんかふわふわしてたもん。絶対そう。

14時過ぎに札幌駅から地下鉄で福住駅へ。嵐ファン多いよ~盛り上がってきたよ~!会場ついてすぐ入場列に並びました。そしたら警備の方が「現在機械トラブルのため確認作業を行っております。開場時間は…未定です。」またかーーーーーーーーーい。宮城の時も機械トラブルで開場時間30分遅れたっけな…。何とか5分遅れ程度で開場。お席は南ゲート下段でした。

 

会場入って一番に印象を受けたのはシンプルなセット。嵐のコンサートとなるとやっぱりセットも凄く派手でお金かかってんなーって感じるような作りなんだけど今回は本当にシンプルだった。花道もバクステも無し。嵐のコンサートに来ている感じがしなかった。

 

 

近づく開演時間。大きくなる嵐コールの声。5色に散らばる無数のペンライト。これから3ヶ月に及ぶツアーの始まりだ。

 

照明が真っ暗になりスクリーンにはリハーサルをしている嵐の様子が流れる。それぞれがタイトルの「Are You Happy?」について語ったり、メンバー同士で話し合いをしているドキュメントさのあるVTR。大好きなギターを弾いたりソロの練習をする二宮さん。念入りに構成や演出を考える松本さん。イヤホンをさして振り付けをする大野さん。みんなと時間が合わずZERO終わりにひとりリハをする櫻井さん。「もうわかんない…」と弱音を吐き倒れ込む相葉さん。ここの相葉さんに胸が苦しくなった。きゅぅって、締め付けられた。疲れちゃったのかな。つらかったのかな。 そして段々今回のアルバム曲全てがランダムで聞こえてきてドーンという低音と共にスクリーンに大きく映し出される「11.11 Sapporo」の文字。この最初の映像で今回のツアーにどれだけ力を入れているか、今までにない最高のライブにしようとしてくれているかが伝わってくる。私はこれまでとはなんか違うなって、そう感じた。

 

【Are You Happy?セットリスト】

Ups and Downs

Super Sonic

I seek

Oh yeah!

Love so sweet

~挨拶~

Sunshine(櫻井ソロ)

To my homies

DRIVE

Step&Go

Don't You Get It

~ミニMC~

BADBOY(大野ソロ)

TWO TO TANGO

復活LOVE

青空の下、キミの隣

Power of the Paradise

~MC~

Baby blue(松本ソロ)

Miles Away

果てない空

WONDER LOVE

また今日と同じ明日がくる(二宮ソロ)

Amore(相葉ソロ)

青春ブギ

~メドレー

Happiness

きっと大丈夫

ARASHI

Troublemaker

Love Rainbow

言葉よりも大切なもの

ワイルドアットハート

感謝カンゲキ雨嵐

愛を叫べ

~AC~

A Day in Our Life

五里霧

エナジーソング

Daylight

 

(※以下印象強い曲のみレポ)

 

To my homies

翔さんがメンバーに電話をかけるとこからスタート。各ソロでスクリーンにJrの頃の写真が映し出されるんだけどめっっかわ…(震)大野さんの生「HA HA HA」は申し訳ないけど大爆笑したwww櫻井さんが録った仮歌を聞いて4人はレコーディングしたんだけど大野さんが「翔ちゃんに寄せようと思って真似したらなぁーんの感情もないHA HA HAになった」「自分で聞いてて笑うもん(笑)」って書いてたから(※パンフより)みんな遠慮せずに笑っていいんだよ!!!!!(にのちゃんツボってそう…)

5人で歌うところは若かりし頃の嵐のお写真が。何これ…17周年記念ライブかよ…5×17かよ…。とにかく泣けます。

 

WONDER LOVE

コンサートで見て更に好きになった。それぞれ振りが違ったり、止まってる人は止まったまま、踊ってる人は踊ってる。そんな風に一人一人がちゃんと目立つような役割をもってる曲。これから参戦する方は5人をよーく見てほしい。個性的で面白くて「ここはこんな動きをしてたんだ」とか新たな発見をしたりフォーメーションの移動も結構あるから好きな人は好きかもしれない。私は好きのレベルを超えてワンダーラブマニアです。

 

Miles Away

素晴らしかった。感動したし鳥肌がたった。リフターに乗って歌うんだけど、途中からリフター下部分に輪っかの布?みたいなのが風に吹かれて揺れる演出。あれクラゲをイメージしたのかなあ。揺らめくシースルーの布と、キラキラと輝くペンライト、その中で重なり合う5人の綺麗な歌声。贅沢すぎる環境。世界3大絶景に登録するべき。たぶんペンライトを星と見立てて夜空に向かって歌っていると考える人と、布がクラゲを表現しているのならペンライトは海の中から見た海面ということで海の中で歌ってると考える人の2パターンある思うんだ。会場全体も青色に染まっていたような…。世界観とても好きでした。

サビは勿論、最後の5人のミルフィーユのように重なっていくフェイク部分は本当に一秒も見逃してほしくない。聞き逃してほしくない。耳を澄ませてじっくり聞いてほしい。じゃないとあっという間に終わっちゃうから。

 

TWO TO TANGO

かっこいい。けど重い。これ大野さん振り付けなんだってね?なんか情熱って感じの演出でした(語彙力)翔さんのラップの時に4人が翔さんを囲んで床に這いつくばって少しづつ翔さんに向かっていくんだけど(言い方変えれば4人はゾンビ)まず振りであんな姿見たことないし、きっと歌詞中の相手の事が好きで好きで仕方が無くて男性の重めの愛みたいなのを表現してると思うんだけど、とにかくえぐい。最後は4人が翔さんに手を伸ばして触れるんだけど翔さんが一瞬にして振り払うの。そこがたまらなくかっこいい。ちょっとマスカレードっぽい。双眼鏡でみることをおすすめします(重要)

 

青春ブギ

めっちゃすき。やばい楽しい。失恋道場というテーマで相葉さんが紹介していくんだけど二宮さんのゲーム機もったままころころするの超絶可愛い。豆。最後は横になってウインク。きたーーーーーー。殺しのにのみーウインクきたーーーーーーーー。瞬殺でした。「デートはずっとゲーム」でしょうね。実際そうでしたものね。お疲れ様です。あと大野さん。「魚は釣れるが女は釣れねえ」いや何言ってんの。釣りまくりじゃないっすか。ふざけ倒してる。

この紹介の時の音楽好きだから早く円盤化してほしい(早い)フルで歌ってくれたのは嬉しかったな~!自慢じゃないんですけど私振り覚えが凄い早い方なのでずっと踊ってたwwあなた本当に今日が初日?みたいなwwww

 

Sunshine(櫻井ソロ)

背伸びする翔さんくそかわです。スクリーンにお家の映像が流れてそれに合わせて踊るんだけど本当に可愛い。シルバニアファミリーかよ。時々お口むうってしてるのでそこにも注目。ちなみに札幌行って確信したんだけど松本さん絶対この曲すき。

 

BADBOY(大野ソロ)

死ぬほどかっこいい。けどサビからは笑い無しでは見れません。サビのダンスが横にぴょこぴょこ飛ぶ振りなんだけど大野さんが言うには「BADBOYは日本語だと不良とかそういう意味になるけど、人生の中で壁にぶち当たることもあるわけで、だから俺ぶち当たってたでしょ?(実際そういう振りがあった)それでどこか出れるところを探して(パントマイム)唯一抜け出せる場所を見つけて外に出れた喜びのステップ(サビの軽快なステップ)」このサビの大野さんが超絶可愛い。真顔だけど。

 

BabyBlue(松本ソロ)

スクリーンに他の方々と撮ったツーショットの写真が流れる。小栗旬さんやムロさんなど。蜷川さんとのお写真の時ちゃんとスクリーンの蜷川さんの方見て歌う松本さんが素敵すぎて涙が止まらなかった。爽やかで暗い気持ちをぱっと明るくしてくれるような、心の支えになるようなそんな曲。

 

Amore(相葉ソロ)

楽しすぎる。グッズのTシャツ着てくれてありがとう…嵐大好きなんだね…。衣装どうするかってなった時に「あ、じゃあ俺これ着るよ!せっかく作ったんだし買ってくれてる人もいるわけでしょ?可愛いしっ!それにするー!」って言ったのかな(完全なる妄想)自転車に乗り、サーフィンをし、ヘッドスピン…をするも倒れてJrに運ばれるけど元気に相葉ふっかーつ☆この時両手で手振るんだけど若干ディスコスター様入ってるんだよねwwとにかく楽しいので相葉担はTシャツ着て行ったらいいかも♡

 

また今日と同じ明日がくる(二宮ソロ)

どんな演出でどんな衣装でどんな表現をしてくれるのか凄く楽しみにしていた。その反面どこかもやもやしている部分もあった。気持ちの整理がまだついてなかったし、私は彼をどう見たらいいんだろうって悩んだままここに来たから。

イントロが流れだし、私は深呼吸をした。Jr6人と二宮さんの少人数でのステージ。白と黒を基調とし照明も煌々と光る白がメイン。身体にずしっと感じる分厚い低音。余計なものが一切ない新たなひとつの空間がそこにはあった。簡単に言えばこの曲は二宮さんがめちゃくちゃ踊ってる。シンプルなのにスタイリッシュでかっこいい、でもどこか悲しげなところがある。

「そんな日々が懐かしくて」と頭を抱え込むように、うずくまるようにして小声で呟く二宮さん。私は息をのんだ。何かが吸い込まれていく、持っていかれる、目の前にいる彼にどんどん引き込まれていくのが分かった。離れかけていっている私の心を一瞬にして鷲掴みにした。音が消えて「tell me~」と歌いだすところは音源を聴いたときこの空白の部分は何をするんだろうってずっと考えてた。照明の力を借りるのかな、そう思ってた。けど実際はそんなことなくて。俯いて頭を抱え込みながらゆらゆらと揺れて、頭の上で両手を合わせぎゅっと強く握る。まるでお願い事をするように。何度も手を伸ばしたり、自分をガードしたり、頭を押さえたりする振りがあった。「僕」はただ別れたことを悲しんでいるんじゃない。ずっとずっと奥深いとこに引きこもっているのに、それでもまだ「君」を探してる。微かな希望として、忘れる為にももう一度だけ声を聞かせて、と願っている。苦しくて、悲しくて、切なくて、藻掻き続けてる「僕」の様子を二宮さんはうまく表現していた。架空である、この歌の中にしか存在しない「僕」に二宮さんが入り込み、今回大勢の前に姿を現しているのだ。聞こえる彼の歌声、すっと入ってくる音、会場の匂い、彼を照らしている光の筋。目頭が熱くなって涙でぼやける視界。心の底からじわじわとこみ上げてくるこの感情がなんとも言えなくて、もどかしくって。

最後はJrだけになり二宮さんは姿を消します。真っ暗になりピアノの音だけが響く会場。ステージに再び明かりが灯されるとさっき消えたはずの二宮さんの姿が。名残惜しそうにこちらを振り返り、背を向け暗闇に消えていって終了。拍手とざわめきが残る中、私は思わず「すき…」と言葉に出していた。自分でもびっくりした。自然と溢れてくる想い。隣にいた友人に呆れたように笑われました。沢山振り回されても傷付けられても、また彼を追いかけてしまう。何も思わなくなって、感情もなくなって、段々疲れてきちゃって。手のひらでころころと転がされ彼の思い通りになってるというのに。最低で、ずる賢くって、人たらしで、嘘つきで、だらしなくて、ほんとむかつくけど。けど、学習能力のないこのクソみたいな頭が、それでもいい、それでもいいからとまた彼に縋って好きになってまた振り回されて嫌いになって、でも離れられなくて彼しか見えなくって結局好きでいることをやめられない自分が本当に情けなくて情けなくて情けなくて。

この日有り難いことに相葉さんに構って頂けたのですが優しすぎて素敵すぎて死にました。相葉さんありがとう。

 

コンサートが終わり外に出ると雪が降っていました。大きくて、ふわふわしていて、しんしんと降り積もる雪。吐く息は白くて、辺り一面真っ白に染まっていく。沢山の人混みの中に聞こえる嬉しそうな声。私たちを温かく迎えてくれる何台ものバス。街に光るネオン。ふと振り返るとそこにはまるで雪見だいふくのように雪を被った札幌ドームがあって。中にはまだぼうっと電気が点いている。静かに舞い降りてそっと寄り添う雪とまだ残っている感覚や伝わる音、聞こえる声、全てを包み込むように微笑む彼の笑顔を思い出したら。胸の奥がわーっていっぱいになって、涙が溢れてきて。…あぁ、すきだなあって。そんな思いで満たされた1日でした。

 

帰りは真駒内駅行きシャトルバス→札幌駅→ホテルで着いたのは23時とかだった気がする。1日って早いなあ…

 

 

11月12日(土)曇り

寝不足。くそ眠い。目の下のクマさん健在でした。大野担の友人(Aちゃんとする)とお昼に札幌駅で待ちあわせ。Aちゃんは今回私がお譲りしたチケットで入るのでこの日初対面(笑)私人見知りしないフレンドリー野郎なのでうるさかったと思うごめんねAちゃん(笑)Aちゃんはまだグッズ買ってなかったし私も会場限定追加で代行頼まれたので再びグッズ列へ。この日で限定は一人3個までと制限されてたよ~。今回会場の名前入ってて可愛いもんね!開場時間を過ぎていたので軽くご飯を食べドームへ。

 

この日は北ゲート上段の1列目。とっても見やすくて眺めが綺麗だしやっぱり天井って良いな~。私の隣に一人のおじさんが座ったんだけど誰担に見えるか予想しようって事でお互い即大野担という答えが。「あの、誰ファンですか?」「あ、大野君です」大正解~~!!盛り上がっているとそこに50代くらいの夫婦の方が。どうやらおじさんと、その隣に座ってた同い年くらいと思われる子2人が席を間違っていたらしい。確かに札幌ドームの座席ちょっと意味わかんないもんね…。そしたらその同い年くらいの子の1人がめがねをなくしちゃったみたいで。周りの席の方みんなでiPhoneのライトやペンライトで座席下部分を照らして一緒に探した。結局見つからなかったんだけど「ありがとうございました」とお礼を言われました。こちらこそお力になれず申し訳ないです…。

 

そんなこんなでバタバタしたまま公演が始まりました。この日もがっつり踊った私(笑)それと紅白の司会が相葉さんに決まって本人の口から報告とか思ってることとか聞けて何よりみんなでお祝い出来たのが本当に嬉しかった。櫻井さんに「不安?」と聞かれ「不安」と答えたときのちょっと心細そうな顔。5人でやってたことを今度は全部1人でやらなきゃいけないし、きっといっぱい悩んだんだろうな。でも「大丈夫」「みんなで見てるよ」って4人が相葉さんを囲んで言っていて。何て素敵な関係性なんだろうって。

あゆはぴライト確実にレベルアップしてたしつい見とれちゃうほどだったからドローンで撮ったら物凄く綺麗なんだろうなあ。DVDが楽しみ♡(だから早い)

 

帰りは地下鉄利用で札幌駅についたのは21:30と早めだった。ホテルに帰ってテレビつけたらしやがれやってんじゃん。さっきまで会ってたのにもう画面越しかよ(涙)この2日間のこと思い出しながら見てたらまた涙が止まらなくなって。でもニノ太郎のおかげで笑いへと変わりました(笑)

 

 f:id:chaiy:20161117194722j:image

 

11月13日(日)晴れ

空港でお土産を買い、軽くお昼。保安検査場がとにかく凄い並んでた。これ時間まで間に合うのかと心配になりついに出発時刻10分前。ここで「○時○分発の○○空港へ行かれるお客様手をあげてください!」と案内が入り優先的に検査場の方へ案内され、多少遅れてANAの便で離陸。しかし私の地元は相当酷い雨が降っているらしくて雨雲をよけながらしばらく飛行機は飛ぶことに。「この先揺れることが予想されますのでシートベルトをしっかりとお閉め下さい」嵐さんの曲を聴きながら爆睡していた私はこの言葉で目を覚ましました。想像以上にガタガタと揺れ、上がったり下がったりを繰り返す飛行機さん。…やべえ、落ちるこれ。着陸の時はまじでジェットコースター並だった。何とか私、生きて帰ってこれました。ただいま地元。さよなら嵐。(BGM:君が笑えるように)

これにて北海道3泊4日の旅は終了~。

 

 

 

これから1月までツアーが続きますが怪我もなく無事完走出来ますように。公演が終わった後幸せだと思えるコンサートになりますように。