読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりから始めた恋

「すき」に囲まれる生活

嵐が思う「今」の嵐

どうも、私です。

遅らせばながら嵐さん、15枚目のアルバム発売おめでとうございます。ジャケ写を見たときから早くほしい、飾りたいという気持ちでいっぱいでした。あ、私ですか?私はまだ手元にありません(おい)田舎だし予約しなくても買えるだろうって甘く考えてました。で、仕事帰りタワレコによってみるも、まあ見事に無いわけでして。ていうか初回自体置いてないんだよね。同日発売のJUMPも買うつもりでいたんですがそっちもなくて。友人に電話したら「…予約、しよ?」と言われました。ごもっともです。アマゾンさんは値上がりしてたので某フリマアプリにて購入。あれ、なんかデジャヴ…と思ったら去年も同じことしてました、私。愛を叫べの時、予約なしで当日店頭に行ったら売り切れてて結局アプリで買ったんだっけ…。学習しろって話ですね。

それでですよ。一通り全曲聴いたんですが、神。今までのアルバムの中でも最高傑作と言える。聴いてるうちにいくつか思うこともあったので、今回はアルバム「Are You Happy?」について話したいと思います。

 

ここからは個人的意見になりますが正直言うと近年のアルバムはどうもコンセプトにとらわれすぎてる部分がありました。愛、デジタル、日本。そのせいか収録されている曲もそのテーマに寄せた楽曲ばかりになってしまう傾向があったし、何て言うのかな、ひとつひとつの楽曲よりもコンセプトの方が先に目立っちゃう感じ。確かに曲自体は凄く素敵で、好きな歌い方があったり好きな歌詞があったり。この曲はライブでどんな演出になるんだろう?って期待に溢れるんです。この歌のこの部分の歌い方いいよねとか、このメロディーが好き!とか。フォロワーさんとそういう話で盛り上がるのってとても楽しいですよね(笑)そういう曲自体は良いんですけど、まとめてひとつの視点から見てしまうとやっぱりコンセプト重視で選んだのかなって。例えばプレゼントをもらった時点で中身がうっすらと見えているものと、開けるまで何が入ってるかわからないもの。どっちがもらって嬉しいかというと断然後者のほうですよね。だから私は君僕や美世界といったひとつひとつ味の違うキャンディーをぎゅっと箱に閉じ込めたようなアルバムが好きです。

それと嵐さんのコンサートと聞くと演出が凄い、誰もがそう言うと思います。そう。演出が凄いんです。でもそれだけ。初めて入る方でしたら本人に会えた事で嬉し涙を流したり、演出に圧倒されたり、楽しかった!で終わる内容になってます。でもね、そうじゃないんだよ。いつもと同じ曲、同じ流れ。更には演出に拘っていることも有り、「魅せる」が主な目的となっていることにどこか腑に落ちない部分があるんです。定番曲も良いけどさ、カップリング歌ってほしいんだよ。演出に力を入れるのも良いけどさ、一緒に楽しみたいんだよ。一緒に笑って、一緒に歌って、一緒に愛叫びたいんだよ。そういう気持ちを抱いている方も少なくはないんじゃないでしょうか。SNSを見ているご本人達にも、きっと届いてる筈なんです。分かってる筈なんです。それでも又あの曲が流れるたびに、内容を見るたびに思ってしまうんです。やっぱりか、と。かと言ってただ昔の曲を歌えばいいという訳でもなくて。この問題はいつまで経っても解決しない気がするので最近では昔のDVDばかり見てこの頃は良かったな~なんて浸っています(笑)

前文にも書きましたが、私はおもちゃ箱をひっくり返したようなキラキラした世界やドキドキ、ワクワクが詰まった内容のアルバムが好きで(ツアーもそう)だから今回のアルバムはまさに私が望んでいた1枚と言えるんです。もちろん今回も例年同様テーマが決まっています。それがこの記事のタイトルでもある「嵐が思う今の嵐」。アルバム発売に先駆けテーマが発表された時、どことなく今までとは違う、と感じていました。2013年のアルバム"LOVE"で「愛とは何か」と問いかけ、2014年のアルバム"DIGITARIAN"ではデジタルに掛けて心拍数を数値化してライブにて表示しました。去年のアルバム"Japonism"では外国から見た日本、そして原点回帰をテーマに「今の日本をどう生きるか」という問題を抱えて行ったツアーでした。その後のアリーナツアーでも引き続き原点回帰のことを話す嵐さん。原点に戻ったその先に、嵐さんは答えとなる何かを見つけたのでしょうか。

そしてツアー終了から2ヶ月後の今月15枚目のアルバム「Are You Happy?」の発売。ジャケ写は真ん中の人がセルカ棒を持って撮ったものだと聞いて何て可愛いんだ…と心底震えました。嵐ファンの方ってわちゃわちゃしてたりおふざけしてる嵐さんが好きな方多いじゃないですか。実際私もそのうちの一人ですが。だからファンウケを狙って作られたものといってもいいのかもしれません。「Are you happy?」の本当の意味は「これで満足?」なんですよね。何だこの上から目線は…。ツアーロゴも黄色、そして某女子アナの名前が隠れている事を知った時は今回のツアーは結婚式なのかと思いました。グッズとか全部引き出物なの?グッズ代はお祝儀袋に入れていけばいいの?とか考えてました。すみません、話逸れました。そして収録曲を聴いた感想をもう一度言わせて下さい。最高傑作。これしか言いようがない。新曲は全12曲。その中でも特におすすめしたい曲をいくつか紹介します。

大野ソロ BADBOY

一言で言えばパーフェクトヒューマン。歌詞は「アマベリバッボイ」「テキュハイヤートゥナイナイナイナイナイ」です。ふざけてません。本気です。かっこよくてダンスナンバーの曲なので私は好きです。でも声にエフェクトかかってるのでせっかくの美声が勿体ないな~って思います。本人は「何も考えずに歌って踊りたかった」と言っていますが確かに大野ソロとしては珍しいですよね。暁やtwoなどの伸びやかな歌声でどこかずしっと重みのある曲が大野ソロという認識があったのである意味そのイメージを覆しています。年齢的にも踊れる内に踊っておこうって思ったのかな(失礼)

櫻井ソロ Sunshine

凄い好きです(大声)!どこか懐かしいというか。これこそライブだよなあって。サビの部分聴く度にライブ楽しかったなあって思い返せるようなメロディーで。実際今聴いていてもライブ行ったあとの余韻みたいなのを感じるんですが何なんでしょうこれ。多分今回のツアーで凄い印象強い気がする。

Milis Away

はいきた神曲。ほんっっっとに好き。翔さんから始まるんだけど、その声がもう優しくて優しくて。溶けちゃいそうなほど甘くて。これ聞きながら寝れますね。あと二宮さんの上ハモが綺麗すぎるんです。けどハモりが多すぎてスーパーフレッシュ並に難しいのきたなと(笑)そしてこの曲は5分と長めです。ライブでは挨拶終わりに歌われるのかなと予想しています。

二宮ソロ また今日と同じ明日がくる

実は主題これです。これを書く為にこの記事書いてます。まず名曲&神曲間違い無しです。ボカロ系なのかな。今までにないような曲でテンポが不規則なんですよ。早くなったり遅くなったり。メロディーも凄く素敵で。よく聞くと色んな音が入って作られているんです。ドンッと響く低音に加え何かのチャックを閉める音。二宮さんの歌声も低音高音を使い分けて歌っています。そうする事によって声の温度差やその歌詞を目立たせる役目を果たしています。ブレスの抜き方、息遣い、急にアカペラになったり囁いたり。間違いなく心が揺さぶられるんです。どこかアトリエの中にいるような世界観。想像していたよりもずっと儚くて、脆くて、淡くて、繊細で、澄んでいる。でもその反面「僕」の切なさや苦しさ、消えそうになりながらも"声を聴かせて"とまだ願っているんです。なんとなくリュウや死神さんを思わせるような曲です。聴けば聴くほど心にすっと入ってきて、その分もっと歌詞の意味を知りたくなる。この曲は私が思ってるよりももっともっと深い曲なのかなって感じます。

で、気付いたんですけど。この歌にも僕以外の「君」と「きみ」の2人が登場しているんですよね。過去の歌にも二宮さんは「君」と「きみ」を登場させていました。漢字と平仮名を使い分ける意味とは。考えすぎなのでしょうか。歌詞を見る限り、やはり失恋ソングという部類に入ると思うのですが、タイトルの「また今日と同じ明日がくる」も考えれば考えるほどわからなくなる。

だから今日も二宮さんの歌を聴くんです。何度も何度も。あなたの世界観を、考えている事を知りたくて。

 

さて、嵐さんまであと12日となりました。私はジャポは入っていないので宮城ぶりの嵐さんです。きっとまたかっこよくなってるんだろうな。今回も笑顔溢れる素敵な夢の空間を見せてくれる事でしょう。

最終打ち合わせ頑張って下さい。嵐さんが思う「今の嵐」をどう表現してどんなステージを作り上げてくれるのか、ファン一同心から楽しみにしています。