僕らの999

ゆるっとまるっと

24時間テレビは既に始まっている

 

 

24日、「24時間テレビ39 愛は地球を救う」内のドラマスペシャル「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」で、急遽代役に小山慶一郎が決まったと日本テレビが発表した。

ponに出演した加藤は冒頭で「放送まで時間がないですけど、ドラマチームは今、一丸となって、いい作品を届けられるように頑張りたいと思い、集中しているタイミングです」と気丈に答えたと書かれている。

 

今日から撮影が始まり、明後日には放送という過酷なスケジュール。一部批判の声もあるが、「頑張ってほしい」と応援するコメントが多く寄せられていた。そこで代役に小山が選ばれた理由を考えてみた。

突然すぎる役の穴埋め。役者を探すとなった時、恐らく大半のスタッフの頭に「小山慶一郎」が浮かんだ筈だ。加藤と同じグループであるという事はスケジュールの調節が合う。手越増田は髪色でアウト。また、日テレで勤務していることもあって、小山の真面目で優しい性格から全盲になった彼を支える支援士に適役だと考えた。

everyではその日のニュースを確認し、原稿をチェックし、内容を頭に入れなければならない。メインパーソナリティとしても何度も打ち合わせを重ね、流れや時間を把握し、通しリハだってある。そんな中、ごくわずかな空き時間でセリフ、動き、話の展開を覚え、撮影しなけばならないのだ。一秒たりとも惜しい時間で現場もピリピリとした緊張感にあるだろう。小山には代役に選ばれたからにはNGを出さないように、スタッフさんに迷惑がかからないように、と大きなプレッシャーがかかっているに違いない。

撮影が終わったらスタッフの完徹が始まる。映像の繋ぎ合わせやテロップの入れ直し、BGM、その他数多くの編集が待っているのだ。完成するのは本当にギリギリかもしれない。

大きな渦の中にいる24時間テレビだが、ある意味注目され、興味を持たれた番組となった。そしてピンチをチャンスに変えてきたNEWS本人達も、心のどこかではそう思っているのではないかと思う。NEWSは人の不祥事に巻き込まれやすい。いつも何でこのタイミングにって時にスキャンダルが出る。だが、NEWSは強い。どんな困難もチャンスと捉え、それを乗り越える為に努力を惜しまない。スタッフ一人一人に頭を下げたり、時には自分を犠牲にしてまでグループを守り抜く。NEWSでいる事の幸せさ、大切さを噛み締め、4人で協力し助け合うグループなのだ。だから応援したくなる。

 

今日のeveryにて小山本人からコメントがあった。

 

「ドラマチームの皆さんの結束力に助けていただきながら、撮影を進めているところです。本当に短い時間の中で、私自身もプレッシャーを感じていますが、精一杯、がんばりたいと思います。」 

 

また、ミヤネ屋にて代役を務める小山に対して手越はこう言った。

 

「愛してる我がメンバーですから、絶対大丈夫です。信じてます。」

 

このパワーのある偉大な言葉に私は安心した。NEWSは大丈夫だと。

 

私たちがこうやって過ごしている間も、沢山のスタッフや俳優が寝る間も惜しんで仕事や、打ち合わせが続いている。頑張れ、としか言えない。だから、どうか無理をせずに頑張ってほしい。体調を崩さないように。倒れないように。素敵な24時間テレビを作って下さい。

 

最後に。先日のおしゃれイズムにて小山が手越宛に書いた手紙を。

 

手越へ。

こうやって手越に手紙を書くのは初めてです。きっと手越の方が照れくさいと思うけど、書かせてもらいます。

俺は4人になって、手越がNEWSに対して完全に向き合ったなって感じる時があった。なんというか、しっかりメンバーを受け入れるというか、共に進んで行くんだって決めたなこの人、みたいな。俺はそれがすごく嬉しくて。

どっかで、手越はもしかしてこの4人でやってることに不安を感じてるんじゃないかなって思ってた時期もあったよ。でもそれは俺の大きな勘違いでした。誰よりもNEWSを大きくしよう、勝つぞ、このグループで、って考えてたのは、手越なんじゃないかなって思う。

手越、今のNEWSは好きですか?間違いなくあなたが先頭を走ってくれてるんだよ。俺はリーダーだけど、1番後ろからあなたがコースアウトしないように見張っています。

NEWSを大きくしてくれてありがとう。いつも強気でいてくれてありがとう。俺はどんな手越でも支えるから、思い切りやってください。メンバーの中に最大の味方がいるから安心して。

さて、いよいよ24時間テレビだね。4人で育ててきたNEWSの愛を伝えましょう。

小山慶一郎

 

 

サライで大号泣するNEWSが浮かぶ。もしくは持ち歌歌う時。何歌うのかな。フルスイングだったらもう全米が涙するよ。色々あってそれを無事乗り越えたNEWSの涙は、誰もが貰い泣きするだろう。

 

24時間テレビ、頑張れNEWS!!!